{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ビートルズ / ABBEY ROAD [BEATLESの最高傑作のひとつであり、史上最高のアルバムのひとつ](USキャピトル再発)(LPレコード)

1,980円

送料についてはこちら

[※US盤,品番:C1077774644617][盤面=VG+][ジャケット=EX][※保護内袋を新品交換して配送致します]※[店舗併売の為、時間差で売切れの場合がございます。何卒ご了承の上ご注文をお願い申し上げます] ──────────── 収録曲 [A面] A1:Come Together 4:21 A2:Something 3:03 A3:Maxwell's Silver Hammer Organ – George Martin 3:27 A4:Oh! Darling 3:27 A5:Octopus's Garden 2:51 A6:I Want You (She's So Heavy) 7:47 [B面] B1:Here Comes The Sun 3:05 B2:Because 2:46 B3:You Never Give Me Your Money 4:02 B4:Sun King Organ – George Martin 2:27 B5:Mean Mr. Mustard 1:06 B6:Polythene Pam 1:13 B7:She Came In Through The Bathroom Window 1:57 B8:Golden Slumbers 1:32 B9:Carry That Weight 1:37 B10:The End 2:20 B11:Her Majesty 0:23 音源著作権–EMIRecordsLtd. 著作権–EMIRecordsLtd. マスタリング–CapitolMastering プレス–SpecialtyRecordsCorporation ──────────── クレジット LacquerCutBy–RM(曲:Variant1),Wally Producer–GeorgeMartin ──────────── 解説 : 『アビーロード』は、イギリスのロックバンド、ビートルズが発表した11枚目のスタジオアルバムである。1969年4月、7月、8月に録音され、1969年9月26日にイギリスで、10月1日にアメリカで発売され、両国で1位を獲得した。10月にはアルバムからの両A面シングル「サムシング」/「カム・トゥゲザー」が発売され、こちらも全米チャートで1位を獲得した。 ブルース、ポップス、プログレッシブ・ロックなどのジャンルを取り入れ、ムーグ・シンセサイザーや レスリー・スピーカーの使用が目立つロック・アルバムである。また、その後他の著名なアーティストによって1つの組曲としてカバーされた楽曲が、サイド2に長いメドレーとして収録されていることも特徴的である。このアルバムは、この年の前半に行われた「ゲット・バック/レット・イット・ビー」のセッションに比べると、より同僚的な雰囲気で録音されたが、特にポール・マッカートニーの曲「マックスウェルの銀のハンマー」をめぐってバンド内で大きな対立があり、いくつかの曲でジョン・レノンが演奏していない。このアルバムがリリースされる頃にはレノンはグループを脱退していたが、これは翌年にマッカートニーも脱退するまで公には発表されなかった。 この作品はすぐに商業的な成功を収めたが、評価は散々なものだった。一部の批評家は、その音楽が本物でないと感じ、プロダクションの人工的な効果を批判した。対照的に、今日の批評家はこのアルバムをビートルズの最高傑作のひとつとみなし、史上最高のアルバムのひとつに数えている。ジョージ・ハリスンの「サムシング」と「ヒア・カムズ・ザ・サン」の2曲は、彼がグループのために書いた曲の中で最高のものとみなされている。このアルバムのジャケットは、アビー・ロード・スタジオの外側にあるゼブラゾーンの横断歩道を歩くグループを描いたもので、レコード音楽の歴史の中で最も有名で模倣されたものの1つとなっている。 tag : #TheBeatles #BEATLES #ビートルズ #JohnLennon #PaulMcCartney #GeorgeHarrison #RingoStarr #GeorgeMartin (以下 : https://en.wikipedia.org/ より引用させて頂きました。) https://en.wikipedia.org/wiki/Abbey_Road

セール中のアイテム