{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

オフコース / YES - YES - YES A面COLLECTION [シュリンク HYPE STICKER付] [歌詞掲載スリーブ、折り畳みポスター付] (LPレコード)

残り1点

1,680円

送料についてはこちら

[※国内盤,品番:ETP-90257、シュリンク HYPE STICKER付][歌詞掲載スリーブ、折り畳みポスター付][盤面=EX][ジャケット=EX][※保護内袋を新品交換して配送致します]※[店舗併売の為、時間差で売切れの場合がございます。何卒ご了承の上ご注文をお願い申し上げます] ──────────── 収録曲 A1:僕の贈りもの 3:24 A2:眠れぬ夜 3:05 A3:秋の気配 3:49 A4:やさしさにさようなら 3:57 A5:愛を止めないで 3:39 A6:さよなら 4:58 A7:生まれ来る子供たちのために 4:53 B1:Yes-No 4:55 B2:時に愛は 5:33 B3:I Love You 4:40 B4:言葉にできない 6:22 B5:Yes Yes Yes 3:50 ──────────── クレジット ArrangedBy–OffCourse Design–MikaIto Engineer[Recording][Mixing]–BillSchnee, KenichiKosuge,KenjiMurata,RyojiHachiya,ShiroKimura Executive-Producer–ToshifumiMutoh Flugelhorn–富樫要(曲:B1) Graphics[Concept],Design–HiroyukiFukusato MusicBy,WordsBy–小田和正 PhotographyBy–JinTamura,KenjiHata Producer–OffCourse Strings[Arrangement]–小田和正(曲:A2,A3,B4) 製造元 – Toshiba EMI Ltd ──────────── 解説 : 「僕の贈りもの」から「YES-YES-YES」までのシングルA面曲コレクション・アルバム。既に1982年12月31日をもって東芝EMIとの契約は満了となっていたため、オフコースのメンバーはこのアルバムの企画には関わっていない。 1982年9月にアルバム『NEXT SOUND TRACK』をリリース以来、沈黙していたオフコースは、まだ活動再開の目途が立っていなかった。そんな中で本作のリリースが決まり、東芝EMIと新たな所属レコード会社ファンハウス両社の社長同士の会合が持たれた。その席に小田和正も同席し、小田は「権利はあるんだ。原盤権を持っているんだから。でも俺らとしては、これからせっかく新しいことをやっていくんだから、“軌道に乗るまで待ってくれ”って言ったんだ。そしたら、ベストに関しても、その企画自体に協力するからって。出す根拠が俺らを叩きたいから出すのか、すぐ売り上げが欲しいから出すのかは、その辺もわからないんだ。長い目で見て、東芝から出るものに関しても、こちらがプロモーションに協力して、長く売っていければいいだろうって、俺としてはそう思ったわけだよ」という。しかし交渉は決裂、頭にきた小田の「勝手にしろ!」との捨て台詞がアーティストの許可と受け取られ、このアルバムはリリースされた。その後東芝EMIからは、アーティスト非監修のベスト・アルバムが乱発されることになる。 シングル・コレクションとなってはいるが、A-5「愛を止めないで」はベスト・アルバム『SELECTION 1978-81』収録のリミックス・ヴァージョン。B-1「Yes-No」もアルバム『We are』収録のアルバム・ヴァージョンにフリューゲルホルンのイントロを追加した『SELECTION 1978-81』のヴァージョン。B-3「I LOVE YOU」はアルバム『I LOVE YOU』収録のアルバム・ヴァージョンからイントロをカットしたエディット・ヴァージョン。B-5「YES-YES-YES」も『I LOVE YOU』のアルバム・ミックス。A-3「秋の気配」はシングルおよびアルバム『JUNKTION』収録と同一テイクだが、イントロとアウトロのストリングスが大きくミックスされていて、ベスト・アルバム『SELECTION 1973-78』収録のリミックス・バージョンとも異なる別ミックスで、それぞれ収録。また、アナログ盤の収録時間の制約上、A-4,6,7 B-4,5以外はすべて早めのフェードアウト、あるいはカットアウトになっていて、曲間のブランクがほとんどない。 アルバムの表裏両面のジャケットおよびレコード袋にはオフコース自身の脚本・演出・監督・主演によるスペシャル番組『NEXT』撮影時の写真が使われたほか、「YES-YES-YES」のジャケット用にフリーダムスタジオ内の階段で行われた、田村仁撮影によるフォト・セッションでの未使用カットがピンナップとして同封されていた。 (ja.wikipedia.orgより)

セール中のアイテム