original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

チューリップ / すべて君たちのせいさ All Because Of You Guys (チューリップによるビートルズのカバー・アルバム。1976年6月5日発売) [帯付,歌詞付] (LPレコード)

¥1,280 税込

送料についてはこちら

[※国内盤,品番:ETP-72167][帯付,歌詞付き][盤面=EX,良好][ジャケット=EX,良好][※保護内袋を新品交換して配送致します]※[店舗併売の為、時間差で売切れの場合がございます。何卒ご了承の上ご注文をお願い申し上げます] ──────────── 収録曲 A1:All Because Of You Guys-Prologue = オール・ビコーズ・オブ・ユー・ガイズ-プロローグ 1:57 A2:We Can Work It Out = ウィ・キャン・ワーク・イット・アウト 2:13 A3:Your Mother Should Know = ユア・マザー・シュッド・ノー 2:30 A4:I Need You = アイ・ニード・ユー 2:42 A5:Another Girl = アナザー・ガール 0:22 A6:Here There And Everywhere = ヒア・ザア・アンド・エブリホエア 2:44 A7:The Night Before = ザ・ナイト・ビフォア 2:36 B1:Blackbird = ブラックバード 2:14 B2:Wait = ウェイト 2:19 B3:For No One = フォー・ノー・ワン 2:04 B4:Lady Madonna = レディ・マドンナ 0:34 B5:Martha My Dear = マーザ・マイ・ディア 2:30 B6:Two Of Us = トゥ・オブ・アス 3:03 B7:Hey Jude = ヘー・ジュード 5:56 B8:All Because Of You Guys-Epilogue = オール・ビコーズ・オブ・ユー・ガイズ-エピローグ 1:36 ──────────── クレジット ArtDirection–TakuyaOhno Design[Cover]–Orbis(5) Engineer–Tomi(19) Illustration–MasatoTsukamoto LinerNotes[InsertLyricsTranslation]–YoshiNakanishi Management–MasayukiSeo Performer–吉田彰,財津和夫,上田雅利,姫野達也,安部俊幸 PhotographyBy–KenjiTaguchi Producer–KazunagaNitta SupervisedBy–ShiroNishida Written-By–CarlosAlpaca(曲:A1,B8),GeorgeHarrison(曲:A4),KazuoZaitsu(曲:A1,B8),JohnLennon-PaulMcCartney(曲:A2,A3,A5toB7) ──────────── 解説 : デビュー当時からビートルズを意識した楽曲作りを行い、日本のビートルズと称されていたこともあったチューリップによる、ビートルズのカバー・アルバムである。A面1曲目とB面8曲目のみオリジナル楽曲(ただし、ビートルズを意識した全英語詞)で、あとはビートルズの楽曲を忠実にカバーしている。特に財津和夫が「日本のポール・マッカートニー」として扱われていた時期もあったことから、本作でカバーした楽曲は2曲(「I NEED YOU」と「WAIT」)を除きオリジナルでポールがボーカルをとる楽曲である。ジャケットは漫画雑誌の表紙の様なデザインで、メンバーの似顔絵以外にも、ビートルズの4人の似顔絵も描かれている。アルバムオリジナルの楽曲の2曲(「ALL BECAUSE OF YOU GUYS 〜PROLOGUE」と「ALL BECAUSE OF YOU GUYS 〜EPILOGUE」)で作詞および作曲にクレジットされているCALROS ALPACAは当時シンコーミュージックに所属していたピーター・バラカンのことで、英語の発音指導等を行ったほか、B面7曲目の『Hey Jude』のレコーディングにも参加している。チューリップはこのアルバムを契機に、ビートルズへの傾斜からは脱却して独自の路線を志向することとなった。 (ja.wikipedia.orgより)

セール中のアイテム